よくある質問(制度全般)

皆様から寄せられる「よくあるご質問」についてまとめております。電話、メール等で、当事務局へご質問される前に、こちらをご確認ください。

「制度全般」についてよくある質問

薬を飲んでいるために、ワクチンが受けられないことはありませんが、基礎疾患のある方は、免疫不全のある方、病状が重い方など、接種を慎重に検討した方がよい場合がありますので、かかりつけ医とご相談ください。
 ただし、抗凝固薬(いわゆる「血をサラサラにする薬」の一部です)を飲んでいる方は、ワクチンを受けた後、2分以上しっかり患部を押さえてください。当てはまるかどうか不明な方は、かかりつけ医などにご確認ください。

妊娠中、授乳中の方も、新型コロナワクチンを受けることができます。
ただし、妊婦又は妊娠している可能性のある女性には、海外の実使用経験などから現時点で特段の懸念が認められているわけではありませんが、安全性に関するデータが限られていることから、接種のメリットとデメリットをよく検討して接種を判断していただくこととしています。
なお、日本産婦人科感染症学会・産婦人科学会からは、「感染リスクが高い医療従事者、重症化リスクの可能性がある肥満や糖尿病など基礎疾患を合併している方は、ワクチン接種を考慮する」と提言されています。
また、授乳中の女性については、現時点で特段の懸念が認められているわけではなく、海外でも接種の対象とされています。 ワクチンを受けるかお悩みの方は、主治医とご相談ください。

現時点では、16歳以上の方が接種対象となります。

接種を行う期間は、令和3年2月17日から令和4年2月末までの予定です。最初は、医療従事者等への接種が順次行われます。その後、高齢者、基礎疾患を有する方等の順に接種を進めていく見込みです。なお、高齢者への接種の開始は早くても4月以降になる見込みです。

現時点では、次のような方法で接種を受けていただきます。
(1)静岡市より「接種券」「予診票」「新型コロナワクチン接種のお知らせ」が届きます。各書類は、まず65歳以上の高齢者を対象にお送りします。その後、他の対象者へ順次お送りします。
(2)接種を受けることができる集団接種会場や医療機関をこちらよりご確認ください。
(3)専用予約サイトまたはコールセンターにて予約をしてください。
(4)ワクチンを受ける際には、「接種券」「予診票」「本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)」を必ずお持ちください。

全額公費で接種を行うため、無料で接種いただけます。

静岡市新型コロナワクチン接種支援事務局